スキャピラFX: NFP後のドル円、よくわかりませんでした。(T_T)

2009年07月03日

NFP後のドル円、よくわかりませんでした。(T_T)

7月2日.bmp

(↑画像をクリックすると拡大されます。)

今日は、21:30のNFP(非農業部門雇用者数変化)の発表後
からのディーリングになりました。

私は、基本的に、比較的重要な経済指標発表の時は

@発表直後には、エントリーしません。

A発表前にポジションがあれば、
 できるだけ決済するか、縮小します。
 そして、ストップロスを設定します。
 

 しかし、大きく動く場合は、設定したレートで約定できず、
 滑ってしまう(スリッページ)ことがあるので、注意が必要です。

B発表前に、
ポジションを持つことも避けます。
 

 どっちに行くかわからないので、
「賭け」や「博打」みたいになってしまうからです。

(どのようなルールでディーリングをしていくかが、
長期的な資産の増減に影響を与えるので、
「経済指標発表の直前、直後にディーリングする」という、
ディーリングスタイルをもつと、
リスクが大きいような気がします。

それで私は、上のようなルールでディーリングしています。

 
それで、発表後、売り玉、買い玉が整理されて、
少し落ち着いて、方向性が出てきてから
エントリーするようにしています。)


−36.7万人の予想に対して、―46.7万人の結果で、
ドル円は下落したのですが、思ったより、
下落のモーメンタムが強く感じられず、
ディーリングが難しかったです。

発表後、17分たって96.50で売りでエントリーしました。
少し遅すぎという感じでした。

スキャルピングだったら、5分後にしても良かったと思います。
私の場合、ユーロドルにしようかドル円にしようか迷っていて、
エントリーが遅れてしまいました。

(ただ、このときの、通貨ペアの選択も大事です。

6月のNFP(非農業部門雇用者数変化)のときは、
ドル円ロング(買い)を選ばずに、
ユーロドルのショート(売り)を選んで、
かなりの幅を取ることができました。

ドル円だと、高止まりしていて、あまり、幅が取れなかったと思います。)


その後、直近の安値を割ったので、
ストップロスを巻き込んでもっと下がるかと思ったんですが、
下落のモーメンタムが弱いような感じがしたので、
16pipsで決済してしまいました。

しかし、2分後、1分足のボリンジャーバンドの
センターラインについて、下落するのを確認して、
またエントリーしました。

21pips下落したことろで、決済してしまいましたが、
結果的には、もっと持っておいてよかったですね。

反省すべきディーリングでした。(T_T)

その後のポイントは、
1分足の35移動平均線、
120の移動平均線で
抵抗されて下落したところかと思います。

今回は60の移動平均線では、
あまり抵抗されませんでした。

1分足の35移動平均線、
60移動平均線、
120移動平均線などは
結構ポイントになるようです。

それでは、おやすみなさい。(-.ゞ ネムネム

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
外為ランキング
blogram投票ボタン
にほんブログ村 為替ブログ FX テクニカルトレード派へ
にほんブログ村
posted by scapyraFX at 01:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 7.FX 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
サイト運営し始めた者なんですが、相互リンクしていただきたくて、コメントさせていただきました。
http://hikaku-lin.com/link/register.html
こちらより、相互リンクしていただけると嬉しいです。
まだまだ、未熟なサイトですが、少しずつコンテンツを充実させていきたいと思ってます。
突然、失礼しました。
M7czBK7A
Posted by hikaku at 2009年07月03日 07:15
了解しました。リンクしておきますね。今後よろしく!!
Posted by スキャピラ at 2009年07月03日 07:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/122690401
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。