スキャピラFX: 「喜怒哀楽移動平均線」

2009年06月23日

「喜怒哀楽移動平均線」

悲喜移動平均線A.jpg
(↑画像をクリックすると拡大されます。)

「喜怒哀楽移動平均線」
これは、私が勝手につけた名前ですが、
私は、移動平均線を見るときに、
できるだけ相場参加者の心理を見るようにしています。

たとえば、137円あたりでユーロ円ロングにした人の、
「喜怒哀楽移動平均線」は
上のようになるのではないでしょうか?

(上のチャートは、ユーロ円1時間足、
移動平均線は120、
つまり120時間=5日間=1週間(5営業日)の
移動平均)

そうすると、「狼狽売り」「投売り」せざるを得ない状況が、
見えてきますね。

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


blogram投票ボタン


posted by scapyraFX at 02:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 4.MY テクニカル分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/122039063
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。